木材の乾燥


木にまつわるあれこれをとりとめなく書き留めていくブログです。

不定期更新ですが、お時間つぶしにご覧いただければ幸いです。

 

 

今回は、『木材の乾燥』についてです。

木は、切ったそのままの状態では水分が多く、使い勝手が悪いものです。

ですが、木は乾燥させることによって、性能が向上します。

そのメリットを3つまとめてみました。

 

1.強度の向上

乾燥させることにより曲げ強度が向上し、「折れにくい」「たわみにくい」木材になります。

乾燥により干割れが生じますが、一般に干割れすることによる強度の低下はないと言われています。

宮崎県工業試験場の研究では、「割れていない木よりも、割れてる木の方が物理的に強い傾向にある。」

という研究結果も示されています。『木材工業 Vol.51,No.11』

 

2.耐朽性・耐蟻性の向上

木材は乾燥させることにより、腐りにくく、シロアリにも強い材料になります。

一般に、木材の含水率が繊維飽和点よりも低い場合、木材腐朽菌による被害は発生しない

と言われています。

 

3.寸法安定性が向上

ある程度乾燥した木材は、温度や湿度などの環境変化による寸法変化が少なくなります。

寸法の安定性が向上することにより、建具の建て付け、壁紙のシワや隙間などの不具合が

発生しにくくなり、気密性が向上するとともに、熱伝導率が減少することで保温性も向上します。

 

 

 

ここまで、『木材の乾燥』について投稿してみました。

いかがだったでしょうか?

木材一つを乾燥させるだけでこんなにもメリットができると思うと、

「とても幅広い材料だな。」と、改めて感じさせられます。

 

最後までご高覧いただきましてありがとうございました。

(次回の更新は未定です)

 

 

『木材』と『材木』の違い


木にまつわるあれこれをとりとめなく書き留めていくブログです。

不定期更新ですが、お時間つぶしにご覧いただければ幸いです。

 

今回は「木材」と「材木」の違いについてです。

材料・原料としての木を表す「木材」と「材木」、とても似ている言葉ですがどう使い分けたらいいのでしょうか。

デジタル大辞泉によると、

「木材 : 建築物・工作物やパルプなどの材料あるいは原料として用いる木。材木」

「材木 : 樹木を切り出して建築物・製品材料などに用いられるようにしたもの。ふつう、角板や板の形をしているものをいう。木材」

とあります。

それぞれの言葉が文末に記載されていますので、相互に置き換え可能な言葉であり明確な違いはないといえるかもしれません。

ただし、すべての場合に置き換えが可能なわけではなく、「木材からパルプを作る」など、「木材」という言葉の方がより広い範囲に使用できるようです。

「木材」→「材木」よりも「材木」→「木材」の方が置き換え可能な場合が多く、「木材」という言葉の意味の中に「材木」という言葉が含まれていると考えると良いかもしれません。

 

個人的には、「木」であるということに重点を置く場合は「木材」、加工した後の材料としての部分に注目する場合は「材木」という言葉を使うとしっくりくるな、という印象です。

 

 

※このブログに記載されている内容は、個人的な見解を述べたものであり学術的な根拠等は有しておりません。

記載内容に関連して生じたいかなるトラブル等に対しても当社は責任を負いません。